読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考

【読書】「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹)

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹)を読みました。 2015年末に文庫本になったので手に取った形。 相変わらずの村上春樹ワールドで、不思議な雰囲気の中、話が進みます。 抑制が効いた主人公の言動と、それとは対照的に主人公をを取り…

【読書】「空白を満たしなさい (上・下)」平野啓一郎

平野啓一郎の 「空白を満たしなさい」を読んだ。 彼の「分人」をテーマにした作品のうちの一つ。 以前同じ「分人」をテーマにしていた「ドーン」を読んだけど、あのときはあまり分人について強い印象がなかったのですが、今回の「空白を満たしなさい」はかな…

安彦良和が講師! NHKカルチャー特別講演会 「漫画で描く歴史vol.2~古代から現代まで~」に行ってきた

2015年9月13日に開催された、安彦良和先生が講師を務める、NHKカルチャー特別講演会「漫画で描く歴史vol.2~古代から現代まで~」に足を運んできました。 たまたまガンダムインフォで情報を得て、これは行くしかないと、すぐに予約。 歴史は詳しくないのです…

総合電機であることに、まだ意義を見いだせるのではないか

株主総会の時期ですね。 ソニーも20日に株主総会がありました。 投資ファンドからエンタメ事業を分社化しろと言われているとは知りませんでした。 ソニーは20日午前、東京都内のホテルで株主総会を開いた。平井一夫社長は冒頭の概況説明で、大株主である投…

秩序は守られるために絶え間なく壊されなければならない

とても好きな書籍、福岡伸一先生の「生物と無生物のあいだ」の一文。 この世を形作る真理の一つでしょう。きっと。 難しいことは私にはわかりません。 でも、我々は常に流れの中で生きているので、ある場所、あるもの、あることに固定したり、固執したり、し…

頭で考えを寝かせるということ ~ 思考の整理学 外山滋比古

image source: DirtyZound from GATAG 昔から考えがすぐにまとまらず、新しい情報や関連する知識を吸収しても、どうしてもすぐに理解できません。 でもなぜか数日たつと突然理解が深まるというか、つながりが分かるというか、そういう体験を何度もしてきまし…