永遠の0(ゼロ)百田 尚樹

この本を読んで、戦時中の日本人や神風特攻隊への見方がちょっと変わった感じがしました。
情けない話、まさにこの物語で語られているように、軍隊や特攻に志願する人たちは、教育(洗脳)されてお国のために喜んで死んでいった、という狂気がはびこっていたのかと思ってました。
 
よく考えれば、実際そんなことそうそうないですよね。食べるために軍に入り、組織の上下関係や雰囲気に抗えず、止むなく特攻に志願する。
 
そういう情報操作もされながら、今の日本に生きていることに恥ずかしさを感じながら、戦時中の先達が守ってくれた今を、もっとより良いものにしないといけないな、と感じる、そんな作品でした。
 

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)