「代官山 蔦屋書店」が二子玉川にも。15年春開業。 [from Fashionsnap.com] 

 ※写真は代官山蔦屋 

CCC(カルチュア・コンビニエンス・ストア)が、代官山蔦屋書店の運営ノウハウをベースに、2015年春に二子玉川に再開発事業の一環として新業態の店舗を出店するそうです。

 

CCCと言えば、佐賀県武雄市の図書館運営を委託したことでも話題になりましたよね。

  ※佐賀県武雄市の図書館。これはこれで行ってみたい。

 

二子玉川らしいライフスタイルを組み込んだ商業施設となるそうで、「代官山 蔦屋書店」と同じく書籍や映画、音楽ソフトを展開する他、新たに情報家電の導入も検討しているそうです。

 

ちなみに「代官山 蔦屋書店」、当初は東京のおしゃれで高感度なシニアのために開発した店とされ、そのコンセプトは「新しい大人文化を提案する街」でした。

しかもCCCのオーナー社長増田宗昭氏の肝いりで、自身の理想郷的業態でもあるこの「代官山 蔦屋書店」をどうしても作りたかったこともあり、あえてCCCをMBOで上場廃止にしたとも言われているそう。

でも、何度か足を運んでみたことがありますが、利用者は若者もとても多いです。

ってか、何とも言えない、自分自身がクリエイターになったような気分になれるとても不思議でおしゃれな空間。

 

二子玉川もどうなるか、とても楽しみです。

 

[news source: Fashionsnap.com]