憲法ガール と言う書籍

f:id:samhita:20130529092926j:plain

新聞の1面最下段の広告欄を眺めると、自分とは縁遠い世界を描き出す本のタイトルに巡り合うことがよくあります。結構楽しいんです。

 

今朝の新聞には「憲法ガール」と言うのがどーんと。

私には縁遠いのですが、司法試験の憲法に関する部分をラノベ風に解説しているWebサイトがあって、それを今回書籍化したものらしいです。

tower-of-babelさんという弁護士さんが書いているサイトで、Twitterでも話題でその道の方々には有名なサイトらしい。

 

ちょっと読んでみたいなーと思ったけど、別に受験するわけでもない自分にこの価格は高い・・・(2,520円)

 

なのでWebを眺めることにします。

 

しかし、ナントかガールとか、女子って時流なんですかね。そのほうがウケるんだからしょうがないか。

「たーんみーおん」女子って出来ないかな。できねーな。

  

ちなみに一番上の写真で、「なぜ人を殺してはいけないのか」って本もちょっと気になる・・・

 

◆関連サイト:

[インテグリティな日々 (憲法ガールが掲載されているサイト)]

[2013年5月30日 GIZMODO JAPANの中の人は女性か!と話題に

憲法ガール

憲法ガール

なぜ人を殺してはいけないのか: 法哲学的思考への誘い

なぜ人を殺してはいけないのか: 法哲学的思考への誘い