おこだでませんように  くすのき しげのり・作

 

本屋でふと目に留まった児童書。「おこだでませんように」。

もう、タイトルからしてやばい感じ。

 

「読んじゃダメだ」と思いつつ、結局手に取って一気に読み。

 

最後の最後にキタ。

あ~、涙腺がぁ・・・本屋だし、涙をぐっとこらえてその場を立ち去りました(買えよw)。

 

この本のように、そういや子供のころ、なんでいつも叱られるんだろうとか、何か言えばまた怒られるし・・・っていう経験したなあ。

 

小学生くらいのお子さんがいる親御さんや小学校の先生なんかは、間違いなく心打つ絵本だと思います。

 

ちなみに「絵本ナビ」では、メンバー登録をすると公開中の絵本を一回のみ全ページ立ち読みすることが出来ます。

 

おこだでませんように

おこだでませんように