震える牛 相場英雄 を読んだ

震える牛」を読みました。ほぼ一気読み。

最初の出だしがちょっと取っ付きにくい感じもしましたが、すぐに慣れました。

 

ありきたりな感想ですが、お惣菜、ファストフードが怖くて食べにくくなってしまいました。(と言いつつ、しばらくしたら結局食べると思う・・・)

一見無関係に見える事象が一つにつながっていく。

そういう地道で根気のいる作業って大事だな、と思いました。

 

実際に最後にどうなったのかは想像するしかないのですが、読後のやるせない感じが、解決されていることを望むばかりです。

 

震える牛 (小学館文庫)

震える牛 (小学館文庫)

 

◆関連記事:

[2013年6月13日 おこだでませんように  くすのき しげのり・作

[2013年5月15日 ドーン 平野啓一郎 ]

[2013年5月14日 左手は火足りすなわち陽にして霊 右手は水極すなわち陰にして神 ~「天地明察」 冲方丁]

[2013年5月11日 永遠の0(ゼロ)百田 尚樹]

[2013年5月11日 県庁おもてなし課 有川浩]

[2013年5月7日 海賊と呼ばれた男 百田尚樹]