史上最強の内閣 室積 光 を読んだ

 

今の内閣の裏には、実は「真の内閣」が存在した・・・っていうお話。なんも考えず読めます。

まあそんなのあれば、いちいち陰に隠れている必要は無いわけで・・・

ですが、そんな内閣もあったらいいですね。

 

各閣僚たちの素性が良くわからず話が進んでいきますが、最近の政治や外交に不満を持っている状況を痛快に解決してくれるので、良しとします。

 

続編もあるみたいですね。

 

史上最強の内閣 (小学館文庫)

史上最強の内閣 (小学館文庫)

史上最強の大臣: THE CABINET2

史上最強の大臣: THE CABINET2

 

◆関連記事:

[2013年6月14日 震える牛 相場英雄 を読んだ]

[2013年6月12日 おこだでませんように  くすのき しげのり・作]

[2013年5月31日 秩序は守られるために絶え間なく壊されなければならない]

[2013年5月29日 頭で考えを寝かせるということ ~ 思考の整理学 外山滋比古]

[2013年5月15日  ドーン 平野啓一郎]

[2013年5月14日 左手は火足りすなわち陽にして霊 右手は水極すなわち陰にして身 ~「天地明察」 冲方丁  ]

[2013年5月11日 永遠の0(ゼロ)百田 尚樹 ]

[2013年5月11日 県庁おもてなし課 有川浩]

[2013年5月7日 海賊と呼ばれた男 百田尚樹]