ようこそ、わが家へ (池井戸潤) を読んだ

ようこそ、わが家へ」(池井戸潤)を読みました。

今話題の半沢直樹の原作に当たる「オレたちバブル入行組」等を書いている池井戸潤の作品。

ちょっとした日常とは外れた行動が、次々とトラブルを生んで家族も巻き込んだ大騒動へ発展していく。

ストーリー展開がとてもうまくて、どんどん引き込まれました。

そしてちょっと怖い・・・自分も小市民なんで余計なことはしないほうがいいね、と、むしろマイナスのほうに考えてしまうのは悪い癖なのか。

 

他の作品も読んでみたい。

 

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)