HGUC 1/144 シャア専用 ゲルググ

f:id:samhita:20140505143318j:plain

HGUC シャア専用 ゲルググです。
お手本は岡プロが手掛けたムック本「マスターグレードガンプラがもっとうまく作れるようになる本」に掲載されているMG ゲルググver.2.0です。

f:id:samhita:20140505143434j:plain

色々勉強になりました。
タガネを使ったスジボリや凹穴、イージーペインターでの初めての色調合でのペイント、タミヤのスミ入れ塗料によるスミ入れなど。

■ シルエット
このHGUC ゲルググ、非常に秀逸なキットなので、私レベルの者であれば修正を加えるところなど殆どないと思いました。
ただ、どうしても気に食わなかったのが、
 ・腹部の上下の詰まり感
 ・肩アーマーから見える、肩の丸いパーツ箇所の見え方のバランス
の箇所でしたので、腹部の見え方を少し広げ、肩アーマーを少しだけ上に上げることでバランスを取ってみました。
また握り手がどうしても格好悪く、一度指を切り取ってポリパテで足りない部分を継ぎ足し、掘り出しました。
市販の握り手も検討しましたが、良いのがなく、あっても非常に高額(本体と同じくらいの値段・・・)だったため致し方なくの処置です。

■スジボリ
難しかった...
胸部や足スカート、腰スカートにちょっとだけですが、なかなか上手くいかず。
スジボリ堂 BMCタガネ 0.2mmを使い、ガイドにはHIQPARTS ハイキューパーツ スジボリ用ガイドテープを使いました。
所々にある凹穴は、やはりBMCタガネ 0.5mmを使いました。
この手の密度を上げる作業は、根気がいりますね。私のような気が短いのは、少々つらい作業です。
凹穴はホント難しくてなかなか上手くいきませんでした。
皆さんなんであんなに奇麗に彫れているのでしょう?

■ペイント
ガイアノーツのイージーペインターを使いました。
今までは気に入ったスプレー缶を探していましたが、岡プロが作られるような淡い色使いや、あのブラウン系の関節色はどうしても再現できなかったため、思い切って使ってみることにしました。
お手軽価格にも関わらず、とても使いやすくていい感じです。
でもやはりエアの消費がそれなりにするので、エアブラシを買えるまたは、利用できる環境の人は絶対エアブラシの方が経済的です。
カラーは、MR.HOBBYのガンダムカラー MSシャアピンクとMR.COLOR RLM23レッド 独機マークに、ホワイトを1対1くらいで混ぜました。
濃い赤は、最初シャアレッドを使ったのですがイメージに合わず、なぜかたまたま自宅にあったRLM23レッドがいい感じだったので利用しました。
関節色は、メカニカル関節カラー スペリオルウォームグレーを、その他の内部メカやライフルはメカニカル関節カラー グリッドグレーを利用しました。
足や膝の黒はタミヤカラー(スプレー) NATOブラック。ちょっとこちらは濃すぎた感じ。
でもまあ、初めてのわりにはイメージにそこそこあったシャア専用 ゲルググになりました。

f:id:samhita:20140505143137j:plain
f:id:samhita:20140505142945j:plain

■スミ入れ
今まではお手軽なガンダムマーカーのスミ入れ用(グレー)やリアルタッチマーカー(ブラウン)を使ってましたが、今回は友人から紹介されたタミヤのPANEL LINE ACCENT COLOR スミ入れ塗料(ブラウン)を使い、本格的にやってみました。この塗料はあえて薄める必要がないのでとても便利です。
極細の面相筆に少しだけ漬け、パネルに塗料を垂らすように流し込みます。
すると、スジボリに沿って塗料がすーっと流れ込んでいきます。
これがなかなか楽しい。
逆にスジボリが上手く彫れていないところは上手く流れません。
今後しっかりとスジ彫ることの重要性を認識しました。

なお仕上げにトップコートでつや消しクリアを吹いています。

f:id:samhita:20140505142900j:plain

☆いくつかの明らかな失敗
• スジボリが汚い
 ガイドがきちんとできていなかったりすると、明らかにスジボリ線がうねっています...
 もっとガイドをしっかりとしつつ、いきなり深く彫ろうとせずに慎重に回数を重ねてスジ彫るべきでした。
 また左右対称にするために、型紙等の利用も必要なのだなと改めて認識しました。
 様々なサイトでスジボリの方法を紹介してくれていて知っていたにもかかわらず、面倒くさくて省略したツケです・・・多分。

• 色ムラ
 例のごとくせっかちな気持ちが前面に出てしまい、塗布した数カ所が色ダレ・・・
 一つは薄め液で薄めすぎたこと(イージーペインターの取説に濃いめから始めるよう指示があったのに・・・)
 それから一気に吹こうとしたこと、これが原因かと。
 更にはリカバリーにも失敗し、跡が残ってしまった・・・
 色は一度失敗すると、しっかりともとの色を取りきらないと、彩色したところとはがした部分の境界が結構はっきりと残るのですね。

• スミ入れ
 上記にも書いたのですが、しっかりとスジ彫ることが重要。
 あと、はみ出た部分を下手にいじると下地の色が剥げて汚くなる。これもせっかちのせいです。

もちろん技術が伴ってないのが大きいのですが、せっかちな性格が諸処の失敗を生んでいる要因ともなっていそう。
うーん、どう克服するか・・・

ま、それでもそこそこのモノができる、というのは、ガンプラ本体もそうですが、昔ではあり得なかった様々な便利道具があるおかげですね。
失敗どころも満載ですが、とは言いつつ何となくの理想的なイメージのシャア専用 ゲルググにちょっと近づいたものが出来上がったのでこれはこれで良かったかなと。反省を次に活かして頑張るぞー。

【2015/2/25 HGUC ジオング
http://turnmeon.hatenablog.com/entry/2015/02/25/012413

HGUC 1/144 MS-14S シャア・アズナブル専用 ゲルググ (機動戦士ガンダム)

HGUC 1/144 MS-14S シャア・アズナブル専用 ゲルググ (機動戦士ガンダム)

BMCタガネ 幅0.2mm

BMCタガネ 幅0.2mm

BMCタガネ 幅0.5mm T-050N

BMCタガネ 幅0.5mm T-050N

スミ入れ塗料 (ブラウン)

スミ入れ塗料 (ブラウン)