舟を編む 【読書】

f:id:samhita:20150327200841j:plain

文庫本が出たので「舟を編む」 を読みました。
あっさりと話が進んでしまうところもありますが、逆にメリハリがあり好感が持てます。

モノは違えど、やはりなにかを創るというプロセスと、産み出せたときの感覚は良いものだな、と改めて思いました。

終盤での松本先生に絡むやり取りは、電車中でしたが思わずホロリと泣けてしまったり、巻末にまじめ君から香具矢へのラブレター(西岡と岸辺の解説付き)が掲載されていたりと、安い表現ですが、笑いあり涙ありでエンターテイメント性も高く、とても面白かったです。

映画も見てみたいな。

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む 通常版 [Blu-ray]

舟を編む 通常版 [Blu-ray]