【読書】「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹)

f:id:samhita:20160101224937j:plain

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹)を読みました。

2015年末に文庫本になったので手に取った形。

相変わらずの村上春樹ワールドで、不思議な雰囲気の中、話が進みます。

抑制が効いた主人公の言動と、それとは対照的に主人公をを取り巻く状況は大きく激しく変化していきます。

 

最後は・・・ なんと言ったらいいか難しいですね・・・